駅員観察日記(はてな編)

◆ポエトリーアーティスト松岡宮の日々の記録◆このブログはアクセスカウント以外のアクセス解析をいたしません◆LIVE予定、11/4大久保ひかりのうま、11/19難波「音」、11/27神楽坂カグラネ、12/7碑文谷APIA40◆

電車に乗ると損なわれる、わたし

駅のコンコースを歩いているうちに

よく 

ブラジャアのホックが 外れる

それは チチが 大きくなったとか 小さくなった ため

ではなく

10年以上使っているジャラブウ~だから

なのだった

もう、よれよれよれ。

・・わたしはワイヤー入りが大嫌いなので

・・あまり わたしでも使えるものが 売っていないのだ

しかし だからといって ノオブラというのも好きではない

縛られる強度の好みにも個人差があるのかもしれない・・・

たぶんわたしは 縛られることが 大嫌いで・・・・

わたしの人生には 

わたし以外の上司はいない

わたしが逆らえない人など

この世界にひとりもいない 

うちの事務所は猫の小屋です

カフェでひとやすみ

だったら

・・・なぜ 電車に乗ってしまうのだろう

・・・なぜ 電車に乗る という わびしい自傷行為を 選んでいるのだろう

電車に乗るたび わたしが損なわれる

電車に乗るたびに 車掌が 駅員が

お客さん、ちょっと、ごめんなさいね・・・

わたしを縛る

わたしを損なう

わたしが傷つく

 めぐろ・・・・えびす・・・しぶや・・・・はらじゅく・・・よよぎ!

車掌がわたしの身体を縛り上げる

あなたはステンレスなの?

あなたはジュラルミンなの? 

スタイルのいい車掌は 身体をはって 腕を広げて

乗客を固定する

そうして わたしの身体が膨張するのを 抑えてくれる

竹下通りのざわめき・・・

 お客さん、ちょっと、巻きますヨ・・・

それはワイヤー入りでないと、いい・・・

やさしい絹の紐、だと、いい・・・

新宿に到着するころには かすかに角の取れた丸みを得て

わたしは歩きながら

目を閉じる

車掌の腕のなかにいた

あの

やすらぎ