駅員観察日記(はてな編)

◆ポエトリーアーティスト松岡宮の日々の記録◆このブログはアクセスカウント以外のアクセス解析をいたしません◆

のんびり日曜日

たまった雑事を片付けた日曜日でした。

お掃除して、スカートを買って、もう着ないなって服は捨てて・・・。

図書館にも行って、いろんな本を借りて・・・。

おととい、突然家庭用のパソコンが調子悪くなり、リカバリなどもしておりました。おかげで一日かかったけど、元通り使えるようになりました。

下の記事で連続して書いていますが、この東急のポスターたちを見るたび、なんだか胸がぐっとするような気持ちになるのです。いまならどの駅にもいる、おどおどした目の、ちょっと疲れ気味の、あんまり若さの感じられない・・・・駅員。小川とでも名づけようか、小川駅員。彼のもつ冷ややかな雰囲気は、すごい。みんなのなかにある駅員という概念をまとめるとこんなふうになるのでしょうか。駅員という概念のもたらす甘酸っぱい風を思います。

なんかもう本物の駅員じゃなくても、これで、この紙でいいやって気持ちです。このポスターが部屋にあったら、あれしてこれしてあれしたいです。

★前の日記にも書きましたが、メールマガジン「月報・松岡宮」発車しました。ぜひ購読してください、お待ちしています。購読希望の方は HQL01005@nifty.ne.jpまでその旨お知らせください。

今号はライブDVDプレゼントのお知らせがあります。

★今後の活動予定は、7月の東京ポエケットに向けて新しい冊子を作ろうというところです。