駅員観察日記(はてな編)

◆ポエトリーアーティスト松岡宮の日々の記録◆このブログはアクセスカウント以外のアクセス解析をいたしません◆LIVE予定、11/4大久保ひかりのうま、11/19難波「音」、11/27神楽坂カグラネ、12/7碑文谷APIA40◆

高円寺はすばらしいなあ・・・

俺はカバンに大便を入れている・・・ というのは、マッドシティーさんのネタですが、わたしはこうしてドクロを入れていることがあります★骨っぽい男性なんです、彼ったら、うふふ。 そんなことはともかく、今日は「マスイジュウのはっちゃけサンデー」というイベントを観に、高円寺グリーンアップルにいきました。 高円寺って、いいところですよね・・・。古着屋さんがいっぱいあって、おしゃれで、活気があって・・・こんなところにわたしも住みたいなあ、創作意欲を掻き立てられそうな感じです。 マスイジュウさんは相変わらず面白かったです。ただの思いつきですが、マスイジュウさんのような、本人言うところの「okama」系統の詩人ってのは、俳優さんとか映像関係でよさそうな気がします。映像詩というのか。あと、腐乱ちゃん:田中智子さんと、恨乱ちゃん:ぬくみりゑさんのユニット、というのが、片方のポエトリーにあわせてもう片方が縦笛を吹いたり、詩の合間にふたりでふっと歌ったりするものですが、とてもそれが良かったです。テキストも、いまもう詳しくは忘れているのだけど、「あの、まるでクラスメイトが別世界に行ってしまった感じ」は覚えています、女性2名の声の重なりが気持ちよかった、そしてちょっぴり怖かった。 太郎本人さんのトランペット(?楽器名がわからん)も近くで聞くととてもよかった。吹奏楽は打ち込みで出しにくい楽器といわれているだけに、ナマで聴くと心を動かされます。 自分が最近赤坂あたりで持たせていただいているイベントは本当にライブであり、ポエトリーの世界とはちょっと違うけど、ひさびさに触れたポエトリーリーディングの世界は、言葉の連なりが一見難しいのだけどあとから効いてくるような、そんなPrimitiveな快楽がありました。うん、ポエトリーリーディングって、聞き手が自分で探すべきものを探さなきゃいけないと思うのだけど、ほんとうに親切ではないけど、そうして耳をそばだて、心を込めて聴くということが、あとあととても良い運動みたいな感じです。 そのあとは3月18日(日)昼間に、くつしたさんとツーマンイベントをさせていただく東高円寺Kaztouに見学に行きました。JR高円寺からはかなりあるところで、丸の内線の東高円寺が近い感じですね。マスターいい人でした。木目調の、小さいけれどぬくもりのある空間に、小さなドクロがいっぱい住んでいました。 イベントも5月までに3件の出演が決まっています。わたしにしては多くて大変ですが、それぞれに工夫をこらして頑張りたいと思います。 ★駅員シリーズ更新しました★ 表紙と、「表象としての駅員8」新しく作りました。 あと色々ちょっとずつ更新しました。 ビバ駅員!   ♪