駅員観察日記(はてな編)

◆ポエトリーアーティスト松岡宮の日々の記録◆このブログはアクセスカウント以外のアクセス解析をいたしません◆LIVE予定、11/4大久保ひかりのうま、11/19難波「音」、11/27神楽坂カグラネ、12/7碑文谷APIA40◆

すごいな~JR東日本。

今日乗った電車(JR東日本)の車掌は美しかったなあ・・・。

本当にあの、なめらかな質感のコートはものすごい。

あれをデザインした人には、ノーベル藝術賞を差し上げてもいいくらいだ。

あのコートをよくみると、上側の襟が立体的に立ちやすい構造になっているようだ。

ああ、全体として平面的な駅員が、ふとした瞬間に、立体に、なる。

そんな瞬間、わたしは駅員との距離に立体感をおぼえ、駅員が人間であることを知るのだ、田町に向かう高架線からみえた東京の高いビルの群れ、もうすぐ「ゆりかもめ」、立体的なもののなかでも、駅員のもつ立体性、これがわたしを驚かせる。駅員が人間であることに、その不慣れな真実に、なんとも心はハーブティー。ほら、駅員さんだよ、駅員さんです、ボク駅員です、って、いや、いや、ご飯なんて食べられない、駅員とご飯、なんて、・・・・・・恥ずかしいんです。駅員さんはお医者さんとおなじで、わたしの恥ずかしいところをいっぱい、見てしまいましたよね。だから、ローズヒップの熱いお茶、飲んで、もう駅員さん、いらない!いらない、あっちいって、ガラスの向こうで・・・そうそう、うそよ、触りたい、触りたい、うそです、ごめんなさい冗談です、大嫌いって殴る時間と大好きだわと遠ざかる時間。こうして、お互いに快適でいられる距離を知るのでしょう。駅員、10両目の、このあたりで、そっとあなたの体重を感じています。

ハー・・・!息を吹き・・・

もうすぐ新橋!

車掌が停車しながら身をかがめるとき、

肩甲骨のあたりが盛り上がる、その滑らかな丘陵にわたしは寝そべって、かもめの白い夢を見ています。

◆なんとなく忙しかった日でした。帰りの電車は車掌さんを観察しながら「がくっ」と寝てしまいました。久々の立ち寝です。恥ずかしい・・・。

明日はもっとハードになりそう。無事に終わるといいなあ。