駅員観察日記(はてな編)

◆ポエトリーアーティスト松岡宮の日々の記録◆このブログはアクセスカウント以外のアクセス解析をいたしません◆LIVE予定、11/4大久保ひかりのうま、11/19難波「音」、11/27神楽坂カグラネ、12/7碑文谷APIA40◆

銀河祭り終わったねありがとー

赤坂銀河祭り、終わりましたねー、どうもありがとう。

また後日くわしく書きますが、ひとまずお越しのお客さま、ネット配信等で観てくださったお客さま、そして共演者のみなさま、ライブハウスの皆様に感謝もうしあげます~。

帰り道のメトロの車掌について。

かっこいいというか、いつも車掌の目は見ないようにしているのだけど、その人とはサクっと目が合って、鋭くて透き通った目、グイと視線に引っ張られてしまい、目をそらせなかった。時間にして数秒のことだろうと思うのだけど、そんなふうに粘性のある美車掌というのは確かにいるものだと、ぼーっとした頭で考えていた。その車掌は動作するたびに「キュ」「キュ」とオノマトペってるような車掌だった。すごくスタイルが良くて、腰がクビれていた、メトロの駅員。いいな、あなたはコスプレとかじゃなくてフツーに当たり前に駅員なんですものね。わたし、数年前まではもっとましだったのに、今じゃそんな・・・あなたのような立派な骨格はなくしてしまったのよ。

夜の深海を およぐ 駅員は 吐しゃ物を浴びる 顔に 身体に。

・・よごれたいひと よごされるひと よごされたくないひと よごれるとこうふんする ひと・・・・

「みんなちがって みんないい みつを」。そうかしら、でも、おやすみなさひ。