駅員観察日記(はてな編)

◆ポエトリーアーティスト松岡宮の日々の記録◆このブログはアクセスカウント以外のアクセス解析をいたしません◆LIVE予定、11/4大久保ひかりのうま、11/19難波「音」、11/27神楽坂カグラネ、12/7碑文谷APIA40◆

おまたせなさい

待ち合わせはいつも ここよ・・・・

各駅停車が待っている

その駅で

もうすぐ来る雪を 待っているかのよう

空中にダイヤのプロットを描いているかのよう

透き通る目でぽっかりと空を仰ぐ

車掌

紺色の背中には 

流れなかった時間の渦が無限の闇へと吸い込まれてゆく

時計じゃない時間が

白い手袋の中で縮こまる

各駅停車の車掌というものは見えない鉄線つないだタワー

だ・・・

そうなのね

と・・・そのとき

ごめんなさい お待たせしました・・・

滑り込む 特急列車

そうですよ

おまたせしました

わたしを乗せた 特急列車が滑り込む・・・

 冬の空に書かれなかった手紙

 もしかしたらあったはずの手紙

 待ちくたびれた各駅停車の車掌が描いたタペストリ

 誰も見なくて始まりさえしない映画の存在

 今日も起こらなかった事故

 あるいは起こったかもしれない事故

 もしくはどこか事故が起こっている世界

 元気にケータイをいじくる乗客

 急病にならなかった乗客

 もしかしたら急病の地雷を踏まなかった

 乗客・・・・

  パシ パシ ピリリ・・・

  霜柱を踏みしめ まっすぐな背中の車掌へ

  進んでゆく

  細い なんて細い道を抜けてわたしたちは

  おたがいが おたがいに読める手紙を

  書いている・・・

★きょうは土曜日でしたがいつもどおり仕事でした。今日はハードでした。ふだんの仕事に加え、録音してテープおこしして、レイアウトして校正作って・・・。まあ、そういう仕事は楽しみでやっている面もあります。家に帰ってからは大好きな固焼きそばの食べすぎをしています。日曜日も月曜日も仕事です・・・フリーなので、ありがたいことなのですが、気を抜けないなあ・・・。