駅員観察日記(はてな編)

◆駅員さんが好きなポエトリーアーティスト松岡宮の日々の記録◆CD「Limited Express 383」Amazon等で好評発売中!◆このブログはアクセスカウント以外のアクセス解析をいたしません◆

もろもろろん

★きのうメールを下さったAさん。

メールありがとうです、で、返信をしようとすると戻ってきてしまいます・・・。なので、こんなところで表明するのですが、メールの内容承りました。当日お目にかかるのをお待ちしています~。

★う~chan

 この2日ばかり、うーchanがなかなかでない・・・G痢人間のわたしには珍しいことだ・・・と思ったら、ころころと出てはきたけど、どうにも勢いに欠けている気もしました・・・って、なんの話!?

 中学のころ、自らを「うーchan」と呼ぶ同級生がいました。谷山浩子が流行し、不思議の森に住んでいたわたしたち。その方はまさに不思議ちゃんという言葉の似つかわしい、色白で細身でとても可愛らしい少女でした。勉強はとてもよくできる方で、また、ジメジメ暗かったわたしと違って、明るく無邪気な方でした。「うーchanは漫画家になりたいの、うーchan先生って呼ばれたいの」と言っていました。また、クリップをいっぱい結んで紐をつくり、自分の身体と机を結びつけ、「うーchanは机と一体化したの」なんて言って、先生に怒られていました。

そんなうーchanは日本女子大付属高校に進学し、あとのことはわかりません。

ああいったひとは、どんなふうに大きくなるのかしら。

きっと、ちっとも卒業しないのだと思います。

自分を見ていても、うまくいえないけど、育たないことのパワーはすごいような気がするのです。

痛快なまでに、「育たない」、という生き方を貫いているのではないかなと期待しています。

★まなびのなすび

漫画のドラゴン桜を読んでいて思ったのだけど、受験もテクニックじゃなくて、なんというか、どんな受験形式であれ、ある程度のことが出せるような知識の体系というか蓄積を得ることがいちばん近道なのではないかなあと思ったりします。

それと違うような同じような感じの話だけど、独居高齢者のための緊急ブザーとか作っても、けっきょく緊急時にはいつもどおり子供とかに電話して緊急を知らせたり・・・

 ・・・・日ごろ使いなれていないものは、いざって時に使われない!!

あと、ある教授の奥さんにパソコンの使い方を教えてやってくれといわれて家まで行って教えたり、別件では統計ソフトの使い方とか、イラスト素材ソフトの使い方とか、いろんなひとにいろんなものを教えたように思いますが、わたしの教え方があまりにカオスなのか、ひとがそれを使いこなせるようにはなかなか教えられません。家庭教師もいっぱいしましたが、なんかわたしは、教え方がうまくないみたいでした。でもよく考えると、授業中は寝て場ばっかりいたから、教わるのも上手くなかったんだなあと思います。

音質でも、眉毛でも、髪型でも、あるいは着やせのテクニック、カットソーの襟ぐりの大きさにしても、そのわずかなことが問題にされていることを知り、自分の大雑把さを思い知らされます。

★赤坂ライブまであと一週間、がんばります★