駅員観察日記(はてな編)

◆ポエトリーアーティスト松岡宮の日々の記録◆このブログはアクセスカウント以外のアクセス解析をいたしません◆LIVE予定、11/4大久保ひかりのうま、11/19難波「音」、11/27神楽坂カグラネ、12/7碑文谷APIA40◆

お守りかくした車掌さん

携帯電話で話をしている若者が そのままペチャクチャ電車に乗り込む

 だめ だめだ だめだ・・・

 乗り込んじゃだめだ

 そのまま乗り込んだら・・・

 お清めがない!

 清められていないじゃないか・・・

 お清めをしないと あぶないじゃないか・・・

 「はーい、お下がりください、あぶないですよ!さがってくださーーい!!」

と ときどきそんなふうに ややぞんざいな口調の 車掌や駅員がいる

彼らはわかっている

電車のなかにいる人間というのは

もはや ただごとではない ということ

そうだ ホームを時速50キロで走る人間がどこにいるというのだ

電車に乗り込んだ瞬間・・・・

魔除けのない人では

肋骨に蜘蛛の巣が張り巡らされ

くちびるは凍る

パルスが走る

そう 変質する人々が壁に張り付く

それは変質者でいっぱいの電車

そんな あぶない空間である きょうの東北線

真珠に似た顔立ちをした 車掌が

鋭角的な腰の動きで

扉を閉じていた

 その腰に むらさき色の お守り

 ゆれている

もう神や仏にでも頼まないと ここのすきまを糊付けできませんよ

人形のように輝く肌を持った車掌の ベントの奥の腰に

いまや渦巻く風の中 あなたの真ん中となる

お守り・・・

★今日は少しだけ仕事に出向き、帰ってきてからは風邪気味なので寝てました。いつも聴けないLPレコードをまわしながら、暮れてゆく空を見ていました。

昨日は「赤坂銀河祭り」に出演される方々と打ち合わせの焼肉会。どうもお世話になりました。なんかたのしいイベントになりそうですね。

★小説「大地の子」を読んでいます。感動する本ですね。