駅員観察日記(はてな編)

◆駅員さんが好きなポエトリーアーティスト松岡宮の日々の記録◆CD「Limited Express 383」Amazon等で好評発売中!◆このブログはアクセスカウント以外のアクセス解析をいたしません◆

九州駅員ぐるぐる紀行

小学校の頃、となりの席の男の子は、「九州」を「丸州」と書いていました。そして幼稚園の頃わたしは福岡に住んでいました。水不足のため断水して親は困っていましたが、わたしは毎日がただ楽しくて・・・走り回っていました。 大きな蜘蛛、大きな虫、激しいむだ毛の雨あらし。 そんな九州の駅員、どんな明太子なのでしょうか? ああ、どんなふくらみを持った明太子かしら・・・。 と いさんでみたけれど、実はあまり駅員さんを観察する時間もなかったのでした・・・・。天神をうろうろしただけでした。 そんな中、やはりJR九州は、王者の風格を漂わせる美しさを放っていました。襟の赤いラインが、ほんとうにさりげないのだけど、華を演出していました。また、駅の券売機の前にいる駅員さんたちが、とても親切だったのを目撃しました。やはり九州の駅員さんはブラボーですと。 また、西鉄のコマーシャルにソフトバンクホークスの川崎ムネリン選手が出たそうで、その関係でムネリンが一日駅長をやったらしい写真が飾ってあり、感銘を受けました。 ・・・に、似合う!! こんな駅員さん、どこにでもいそうです・・・・。 西鉄の、襟にアクセントのあるエレガントな制服。 優しげな丸みのある顔、赤い頬、ういういしい駅員ムネリンが、そこにいました。 ♪ ♪