駅員観察日記(はてな編)

◆ポエトリーアーティスト松岡宮の日々の記録◆このブログはアクセスカウント以外のアクセス解析をいたしません◆LIVE予定、11/4大久保ひかりのうま、11/19難波「音」、11/27神楽坂カグラネ、12/7碑文谷APIA40◆

JR東日本の車掌が持っている翼

お寿司をちらりと見ましたね・・・

ターミナル駅ですれちがったJR東日本の 車掌

彼はこれから勤務に向かうところなのですね

ひんやりとした手袋を握って・・・・

いざ 乗務へ・・・・

  「・・・腹減った・・・」

と 小さな何かがつぶやいた 

そんな気がしました

それは車掌の

手首のあたりにある

翼のかたちの

エンブレム

金色の羽が ピンピン動いています

  

  ・・・腹減ったよ。

  ・・・がまんしろよ。

  ・・・超やべえ、マジかよ~~。

  ・・・・・・何が だよ・・・

  ・・・疲れたね・・・・

  ・・・そうだね・・・・

 自動改札機をご利用ください・・・・

 ピー ギャー ワー ・・・・・

 ダン ダカ ダン ・・・・・

JR東日本のその駅は人がすれ違う音でいっぱい

だから車掌の手首の翼は

モンキチョウになっていたずらをする

いつもおふざけが

すぎるのね

車掌は幾多の甘えを切り捨て乗務に似つかわしく背筋を伸ばしていたのに

・・・立ち食い ラーメンの 煮える音・・・・

これから勤務に向かう車掌

こうるさい 手首のつばさを なんとか なだめて

制服にしっかり収め

軽く合図を交わしながら

通り過ぎてゆきました

★きょうもあまりなにもしなかったです。翻訳の仕事をしていました。翻訳、むずかしいですね。どこまで丸めてしまっていいのかなあ・・・。

★ぜんぜん関係ありませんが、正社員の保険を会社がはんぶん持つとか、亭主の給料をかみさんが預かってそこからお小遣いを出す・・・というのが、わたしには今でもぴんときません。そこを納得できるようになるためには、自分が他人と共同体だという意識を持って、からだもこころも預けあい溶け合う体験ができていなくてはなりません。

自分が、身近な人にはからだもこころもひらけないのに、よく知らない遠くの人にはとても優しく愛情があるということに気づきます。