駅員観察日記(はてな編)

◆駅員さんが好きなポエトリーアーティスト松岡宮の日々の記録◆CD「Limited Express 383」Amazon等で好評発売中!◆このブログはアクセスカウント以外のアクセス解析をいたしません◆

11がつ1にち、はれ。

11がつ1にち、はれ。

朝 東急の駅で・・・・

  「ぬおおおお~~~~~~!!!」

紺色だった。そう、毎年東急の駅員はカレンダー通り、11月にはいるとキッチリ冬服になるのです。

いやー、忘れかけていたわ・・この紺色。

そうだ、東急といえば、この紺色。

あまりにステキすぎて、ネクタイのシルバーさえ、まばゆく見えてしまう。

もう、どきどきしすぎて、ニマラニマラしてしまう・・・・

胸が熱くなる・・・・そしてニョロニョロと溶けてしまいそう・・・。

首都圏の制服変更は「遠くから見えやすい手首」という点にポイントが置かれているように思うのですが、東急はそれをすでに前から実践しておりますね。あの手首のあたりの白線、包帯の美、白線の警告、鳩の象徴。ぬわわわわ。

南のくにの 紅葉のたよりのよう、

いちばんさいごに 冬服になる

東急。

冬がきましたね。