駅員観察日記(はてな編)

◆ポエトリーアーティスト松岡宮の日々の記録◆このブログはアクセスカウント以外のアクセス解析をいたしません◆LIVE予定、11/4大久保ひかりのうま、11/19難波「音」、11/27神楽坂カグラネ、12/7碑文谷APIA40◆

ゴードン、まぶしいJR東日本の車掌

わたしは笑える悪役キャラが好きです・・・というわけで、「きかんしゃトーマス」ではゴードンが好き。整った鼻筋の、大きな体の、ゴードン。うぬぼれて、威張っている、「・・おれにつまらない仕事を頼むな。」・・・誇り高い美形の、ゴードン。

さてそんなことはともかく、きょうJR東日本の列車に乗ったところ・・・。

  「あっ・・・

     ・・・・・サングラスが欲しいわ・・・・」

・・・まぶしい。黒くて、まぶしい。それはつややかな、上品な飴の黒さ、どこまでも光を吸収して、吸い込まれる。黒いまぶしさ、そして、天気予報が外れて晴れて暖かかった東京の列車で、黒い上着をバっと脱いだ、真っ白い長袖のシャツ。白いよ、まぶしいよ、ああ、サングラスが必要だ、まぶしい、苦しいほど、まぶしいよ、車掌・・・。ベルトで、胴体の太さまでモロに判ってしまうその車掌、手袋だけ少し汚れたそのふくらみが、場違いな気まずさのように、誇らしく。ああ・・・まぶしい。隠していた冬服が、いま、日差しを浴びて100万ルクスの輝きで襲いかかる。美しすぎるよ、まぶしすぎる、君たち。

・・・・要するに冬服になられたのですね、彼ら。

しかしJR東の車掌がなぜそんなに良いのかと考えると、上着がピッチリしていて、身体の線にフィットしている点が良いのかも知れないなあ・・・と考えた。胸郭のふくらみ胴体のくびれ、それらをきちんと表現するジャケット、深いサイドのベンツは腹部のくびれを強調するスカートみたいだ。そして黒のなかに燦然と輝くゴールドの飾り。あーまぶしい・・・・あー・・・。飴の黒だわ、飴の・・・・・。身体に張り付く、飴の黒。

んで、どこに行ったかといえば、柏の歌フェスに行きました。柏は仕事で行ったかな~~。なつかしい気がしました。音楽とそれにともなった楽しそうな雰囲気。青春の芽が転がっているような感じでした。