駅員観察日記(はてな編)

◆ポエトリーアーティスト松岡宮が描く東京の風景たち◆このブログはアクセスカウント以外のアクセス解析をいたしません◆

多摩川サイクリングロードにカラスがいた

f:id:miya_ma:20200615005708j:plain

多摩川サイクリングロードにカラスがいた

何か 不思議に悠然とした態度で

高い場所から わたしを見下ろしている

誇り高い表情

黒虹色にきらめくその羽は

つややか

 

f:id:miya_ma:20200615005856j:plain

綺麗な黒髪を自分のくちばしでブラッシングしているの

仲間の見当たらない大田区民のカラス

足元にゆきかうランナーがマスクなどしているのを不思議そうに見つめながら

・・・俺は息苦しくなどない

・・・ただ 少し カユイだけさ・・・

身体をひねってくちばしを肩口に入れ込むカラス

その姿は どこかチャーミングね

 

いま 羽がいちまい 外れた・・・

そしてその羽を口にくわえたカラスをみた

カラスの身体は縦に長いけれど

地面に対して平行に加えられた羽は

未来へのお手紙を書くためのペンだね

”この羽を きみに さしあげたい”

高いところで気障にカッコつけてるようにも見えた

昭和の少女漫画に出てくる薔薇を加えたプレイボーイみたいだった

ねえ どうして今日はそんなに親しげなのかな?

そうそう

写真撮らなきゃ

 

・・・

 

と 思った瞬間・・・

 

 

f:id:miya_ma:20200615010135j:plain

いきなり!

川に向かって飛んで行ったカラス

ふわっ ひらっ

くちばしで咥えていた黒い羽は

これから書かれる手紙のように

サイクリングロードに 舞い落ちる

 

f:id:miya_ma:20200615010817j:plain

俺の羽だ 大事にしろ

それで書け 詩を書けったら

 

・・・そのニヒルなカラスはそんなことをわたしに告げながら

少しだけ軽くなった身をひるがえし

羽田方面に向かってゆきました

仲間の姿は見当たりません。

 

f:id:miya_ma:20200615010940j:plain

雨上がりの多摩川大橋

東京アラート終わったけれど

都内の感染者はまた47名と増えてしまったこの都会の片隅

うまれちまったのだから生きるしかない

ひとり静かに空を飛びましょう

絶望せず

どうか絶望せず

f:id:miya_ma:20200615011201j:plain

今日は涼しかったですね。

おやすみなさひ~。

 

 

トマトとイモちゃんの夏が来た

f:id:miya_ma:20200612220737j:plain

 

最近、プチトマトが元気です。

緑色だった実が だんだん赤くなってきて、うれしいなと思っていました。

だけど もっと もっと 赤くなったら 収穫しなきゃいけないと思って

ちょっと 寂しくなった・・・

黄色いお花はどんどん咲いて

また 新しい実は つくのだけれど

最初の2個は 大事な宝石のよう・・・

f:id:miya_ma:20200612220842j:plain

とかいいつつ、収穫してきた。

サバ缶といっしょにマヨネーズで食す・・・おいしかった。

ごちそうさまでした。

 

f:id:miya_ma:20200612220956j:plain

(いただいた服です 似合わない)

 

むかしは夏があまり好きではなかった・・・。

早い夜明けに あかるい光

すべてが名実のもとに さらされてしまう気がした

 

常夏の国で小学校時代を過ごしたせいか

思春期以降は 夏であることを避けていた気がする

あえて長袖を着たりとか

寒がりな肉体なのに秋や冬をまとうのに必死だった

 

だけど 今は 夏が好き

この木造の家にいると

冬の寒さはしばれるけれど 夏の風は心地よい

 

夏のおおらかさ

夏の歓迎の態度

草は育って 果実がみのる

今日はなかなかいい日だね

そうさ、初夏は、良い日だね。

 

f:id:miya_ma:20200612221637j:plain

じゃがいもの芽が 出た!

本当は こんな時期に植えるようなものではないようですが・・・

本当は寒い国のものみたいなのに

暑いのに かわいそうよね・・・

北の国から来た女の子みたい

100日で死ぬイモ・・・。

 

 

なんか 描いた(↓)

 

f:id:miya_ma:20200612221733j:plain

 

事務所でのお仕事が忙しいということもありますが

週末はとりわけ 大田区から出ないので・・・

JRの電車に乗れないことが 寂しいです。

ああ、大田区、JRの少ない大田区よ・・・。

 

でもちょっぴり読書もできたり

別居中ということもあって 自分らしい時間を 取り戻しています。

ひとにとって 労働だけでなく

たとえば音楽だったり 読書 スポーツ

・・・そんな 一見無駄にみえる時間の過ごし方が

いかに生きる活力につながっているか、実感しています。

 

もちろん、温泉も、旅行も、鉄道も・・・。

 

みなさんが元気になりますように。

 

f:id:miya_ma:20200612222403j:plain

 

元気になってきました

f:id:miya_ma:20200610224926j:plain

かあさん小田急が心配になって見にいっちゃったのよ・・・。
都道府県をまたぐ不要不急の町田が心配だ。
沿線住民でなくなったわたしにとって
小田急とは
不要不急の美しいのりもの
なくても死にはしない
そう思っていたが 
乗ってみれば ほら、血行がよくなり 
おじいちゃんもいきなり元気に!

髪もフサフサに!

・・・

 

街に出たりするのは やっぱり いいものですね。

支えてくれるのは駅員たち、ありがとう。

 

f:id:miya_ma:20200610224341j:plain

ステイホームの頃から

在宅ワークはやっていたのですが

6月に入って 通勤が再開しまして・・・

意外なほど、とても元気になってきました。ほっとしているというか・・・。

わたしが向かうのは東京でも最も賑やかなあたり・・・

感染の不安が無いわけではないけれど・・・

ああ きれいな空だな

夕方 雲が横向きにいくつもたなびいて 光との微妙な絵を描きながら動いてゆき

西から いい風 吹いてきた・・・

ああ きれいな空だな

街を歩く喜びを感じる自分がいた

 

もういいや もう もう 密もいいんだ 生きるんだ・・・

 

いろいろなことに 前向きになっています

 

たかが 街に 出ただけなのに おかしいくらいに 動き出す 心

 

f:id:miya_ma:20200610230310j:plain

 

昨日BandCampで音源が売れてました・・・どうもありがとうございます。

またいろいろ音源作りますね~。

 

 

Youtubeチャンネルはこちらです★

www.youtube.com

緊急地震速報の夜に

f:id:miya_ma:20200609194855j:plain

来るな・・・

来る・・・

来たよ・・・

来れば・・・

 

来た・・・

 

緊急地震速報の夜に

波打つ寝床のなかで 動かない身体

そのなかで 波打つ血管

どっこどっこ 心臓のおと

ざっぴ ざっぴと AMラジオがきこえては遠ざかり

ざっぴ ざっぴ 海辺にいるようにきこえては遠ざかり

変拍子の音楽の世界に拘束されている

余震きしんきしん

 

こ わ い ね

 

誰かいませんか

 

f:id:miya_ma:20200609195039j:plain

緊急地震速報の夜に

小さな街の家々ではそれぞれの震災が体験される

子どもの耳たぶが揺らされる

お父さんのジャンパーが欄干から落ちる

お母さんはどこに行ったかよくわからない

海の向こうに行ったかもしれない

また余震

また余震

そして一人で暮らすわたしが

布団のなかで動けずにいることなど

誰も知る由もない

誰かいませんか

 

f:id:miya_ma:20200609195445j:plain

 

緊急地震速報の夜に

波は打ち寄せ 集落を孤立させ 島は遠ざかり 船は流される

とぎれとぎれのラジオが伝える

震源地と各地の震度と

被害の状況を

またまた余震

またまた余震

そしてわたしはなぜか動けない

痛みもないしケガもしていないのに

わたしはなぜか動けない

夢うつつのなかで恐怖感だけが身を包んで

動けない

 

誰かいませんか

 

f:id:miya_ma:20200609195757j:plain

 

コロナも気をつけねばいけませんが地震も備えないといけませんね。

よい夜を。

 

新緑の新宿のまばゆさ

f:id:miya_ma:20200607210805j:plain

そんなわけでお仕事で通っているのが

新緑の新宿

キラキラ眩しいのはウィルスか 

(大切なものは 目には見えないんだよ・・・王子が言った・・・)

コロナ感染者が多いとやり玉にあがっている日本一人間が多いまち

南口も 西口も 確かにそれなりの人出があって

地下道で足ばやにすれちがう人々には仕事をしている活気もみられる

手をつなぐ若いカップルもたくさん

今年流行りのゆるめの服に身を包んで

タピオカ屋さんも行列が出来ていた

なんだかコロナウィルスの危険などここには来ないかのように

生きる喜びが感じられる

新緑の新宿

おまわりさんも この街でこの人生を生きているという感じで

予測もできない未来の1日が終わる

 

f:id:miya_ma:20200607211124j:plain

先週からお仕事が以前のように戻ってきて多忙な日々でした。

 

あまりの時間のなさに、音楽を続けることに悩みも生まれましたが

やっぱり 自分を生かしてくれるものは表現活動なので・・・

詩や音を作り続けないと具合が悪いので そこを優先しようと思いました。

でも、こんなご時世にお仕事が多いのは本当にありがたいです。

 

 

f:id:miya_ma:20200607211610j:plain

 

若い頃はあまり夏が好きではなかったのですが

年を取ると、夏は過ごしやすくていいですね。

(寒いのがだめ)

(暗いのもだめ)

草木を育てはじめるとちょっとした成長がうれしい。

自分はできるだけ身軽に小さく生きられますようにと願います。

吟遊詩人として一生をまっとうできそうな気がしてきました。

 

f:id:miya_ma:20200607211921j:plain

これも、もらった服です。

ダークな色の服ばかり買うので、こんな明るめの服は自分では買わない気がするのですが・・・案外似合うぞ(??)

 

いまとってもライブ活動や作品制作が恋しいです。

新作もあれこれと作りだしています。

今年、ライブも1回くらいはあるのじゃないかな、吟味しておりますところです。

 

音源、聴いてくださるとうれしいです。松岡の活動の支えを、どうぞよろしくお願いします!

LimitedExpress383

LimitedExpress383

  • アーティスト:松岡宮
  • 発売日: 2014/06/06
  • メディア: CD
 

 

miyamatsuoka.bandcamp.com

 

東京地下鉄ウラシマ

東京メトロの夏のシャツが変わりましたね。

拙い説明ですが・・・以下のような感じです??

 

f:id:miya_ma:20200605230218j:plain

 

華やかでおおらかな描線が、きちんとした描線になった・・・

そんなイメージです。

 

通勤で乗ったメトロも久しぶりだなあ・・・・。

 

新宿三丁目の大きな壁広告が無い風景なんて・・・初めてみました。

 

わたしたちの都会の生活が いかに広告にまみれているのか わかります。

 

だけど広告は夢をみせてくれます、ゆくべき道をおしえてくれたりすることもあるし

欲望を絵筆に乗せてこちらに投げつけてくるのね、絵を、広告は。

 

そんなふうに、今週は、わたしも通勤をした1週間でした。

わたしなんて拘束時間短いですけど・・・やっぱり働きに出かけるのはいいものだなあと実感しました。生活にハリが出ますね。

 

お買い物も、楽しくなって。

 

夕方の列車はそれなりに混んでいました。

誰とも顔を合わせないような角度で もちろんマスクをして・・・

座席はすべてうまって 吊革ぶんの人数くらいの・・・つまりはいつもと変わらぬ通勤急行で

座席がひとつあいて

ラッキー、と思いながら座って

うたたねをして

おうちに帰る

なんか いつもの生活が 戻って来た感じです。

 

そうだ 地下鉄の通路を歩いていて思ったのだ

浦島太郎みたいな気分だなと 思ったのだ

減ってしまった壁広告と人のかず

ディスプレイ広告だけが減ってなくて

だけど丸井もオープンしてる ビックロもにぎやかで

コロナで自粛生活とか 嘘みたいな生活だったね

元通りになるなんて 夢のよう うれしいね

・・・・

 

f:id:miya_ma:20200605230753j:plain

・・・うそだ

違う・・・

まだまだ コロナは 収束していなくて

誰もが感染の危険を感じながらこの世界をなんとか廻そうとしている

おうちにいることが人類を救う!

ステイホーム!

って

4月頭ごろあんなに叫んでいたのに

わたしはそんな厳しさを失ってしまった 

まじめにステイホームしているまじめな青年はいまだにステイホームしているはずだ

そしてこの世界の乗り物をまわす駅員さんは

分厚いビニールの奥で上着を脱いだ

感染の危険をつねに感じながら なぜか薄着のたくましい腕をのぞかせて 元気いっぱいにがんばっている・・・

 

f:id:miya_ma:20200605232620j:plain

f:id:miya_ma:20200605233059j:plain

英語の通信教育Causeraについついハマってしまい、それも忙しかったです。

英語が苦手すぎて脳が破裂しそうになりました・・・。

試験とかちゃんとしているので、忙しいときにやるもんじゃありませんね。

 

そろそろ音楽製作が恋しくなってきましたよ♪

 

渋谷駅埼京線ホームが近くなりました

ほかの線から遠くて乗り換えに不便だった渋谷駅のJR埼京線ホームが

近くなった!

 

というので

仕事の経路をJR経由にして変えながら 見てきました。

 

何しろ ずっと大田区ステイホームしていたので・・・

都心に出るのも 久しぶり・・・・。

 

東急多摩川線では感染を気にしてソーシャルディスタンスを守ったりしておりましたが

東急東横線に乗り換えたらけっこう混んでいたので・・・

もうなんかいいやと思ってしまったり・・・もちろんマスクはしておりましたが・・・・

どうしても人とふれあってしまうので だんだん コロナのことを忘れそうになる自分がいました・・・

気にしてたら 通勤できない・・・。

 

ただ、30cmくらい窓をあけてあり たまたま ほどほどに暑い日でもあったので風が気持ちよかったです。

 

久しぶりに乗って 電車っていいなあと思いました。

東横線は横浜の風を都内に届けてくれます・・・ハマ風か。いや換気してるから都内の風か・・・。目黒区の風か、いい風だ。

 

そういえば

埼京線ホームがなぜ 渋谷駅で遠くに作らざるを得なかったのか・・・

それは東急東横線があったから という話を読んだことがあります。

2013年に今の場所に移るまで 東横線ホームが渋谷駅の乗り換えに便利な場所にあったのでした。

 だけどいま 東急東横線はヒカリエの地下あたりに移動し、かつて東横線がいた場所に埼京線が移ってきたのですよね。

 そう、山手線のとなりという、すばらしい立地に。

 

その東横線ですが、地下化して、すっかり乗り換えが不便になったというイメージがついてしまいました。

井の頭線乗り換えが多かったわたしは いつも荷物を担いで・・・

乗り換えに階段を使うこともあって 乗り換えるだけで足が疲れておりました・・・。

 

でも工事と変化を続け、便利になる渋谷駅。

東横線ーJR山手線とか 東横線ー銀座線は だいぶ 乗り換えが 良くなりました。

 

・・・で

 

・・・ 井の頭線は・・・

 

まあ・・・

 

足が鍛えられるよね!

 

さてそんなわけで

東横線の地下ホームから スクランブルスクエア横のエスカレーターで登って 

いざ 埼京線ホームへ向かいます。

 

久しぶりのJR渋谷駅ホームに入ったとたん 

駅員ポスターの痛い洗礼を浴びました・・・。

 

洗礼というより「手洗え」ですが・・・。

 

 

f:id:miya_ma:20200602235243j:plain

 

左の黒ジャケットの男性、仮に「手い」さんと呼ぼう・・・手いさん、は、駅員の服を着ておりますが、ぱっとみて駅員という感じがしません。

普通のサラリーマンのよう・・・

動きが小さめで、指の動きの控えめな感じ。

もう降参してますと伝えたい感じ。

わたしの知っている、JR東日本の、あのギラギラしたネクタイや襟のゴールドパイピングがありません・・・

この5月より制服が変わってしまったからです。

この制服も、むしろ色味はきれいなのですが、あの独特のキラキラ感は少なくなった気がします。

シャツの色はブルーで、エンブレムがなければ普通のサラリーマンのシャツのようです。

 

なんとなく、右の方の方が駅員っぽさを感じますね。

駅員オーラを感じます・・・

強い手の動き・・・

僕の腕に飛び込んでおいで!

なんて 書いてありませんが・・・

ゆあ~~~~~~はんず!

字のきたなさ、いや、迫力が、すごいです。すごい、すごい。

・・・ハンズと書くと東急を連想させるので カタカナで書かないのでしょうか・・・。

うーん 達筆すぎて すごいな・・・好きです。

 

「手い」さんより「はんず」さんが気になってきた!

 

f:id:miya_ma:20200602235220j:plain

おまけもどうぞ。

さりげなく防犯カメラが狙っていますが・・・ポスターを守るためでしょうか、そんなに高級なポスターなのか?

 

 

話がそれた・・・埼京線の話でしたね。

 

 改札を超えればすぐに見える 新し気な表示案内に導かれ、埼京線に向かいます。

 

いつみても感じるのは・・・「相鉄線」の「なぜ君がここに」感・・・

まだ相鉄線が都心に来ることに慣れません。

 

f:id:miya_ma:20200603001422j:plain

 

ホームはこんな感じ。とても普通の JRのプラットホームという感じでした。

 

f:id:miya_ma:20200603001435j:plain

・・・ここが 東横線のホームだった、のかな・・・・?

 

あまりに雰囲気が違うので 東横線があったことが 信じられません。

ここは 普通の JRの ホームだ・・・。

川越や 宇都宮まで 行っちゃうような・・・ごく普通の電車のホームだ・・・。

 

f:id:miya_ma:20200603001512j:plain

埼京線ホームから 山手線ホームを望んでいます。

たしかに並列してますね。

 

ホームからみえる 銀座線やヒカリエで 今いる場所がわかります。

f:id:miya_ma:20200603001447j:plain

m字の丸い屋根で 銀座線だなあと わかります。

 

f:id:miya_ma:20200603001457j:plain

左から、ヒカリエ(東急線)、銀座線、スクランブルスクエア、埼京線、そして右には見えないけれど山手線。

 

相鉄線直通のアナウンスに 新鮮な驚きを感じながらも、何か、あまりにさりげなく、ずっと昔からこの場所にいたような埼京線のホーム。

 

「僕は・・・ずっと夢見ていました・・・この、偉大なる埼京線のホームが 山手線や銀座線に近づき 中心的なプラットホームとなることを・・・乗り換えをする乗客のみんなに疲れる思いをさせずに乗り換えが出来るようになることを・・・何しろ僕は偉大な埼京線のホーム、湘南新宿ラインにも乗れちゃうし 宇都宮にも行けちゃうぞ★ああ、東横君、この場所は良い場所だね 渋谷の新鮮な情報がビンビン入ってくるよ・・・東横君、これからは君の椅子に僕が座るからねっ!

 

たった7年か もう7年か・・・。

東横線がこの場所にいた思い出をすっかり忘れそうなので

自分のアルバムのなかから 2013年ごろの東横線渋谷駅ホームの写真を

引っ張りだしてきました。

そうしたら、あまりに今と違うので、驚きました・・・。

 

f:id:miya_ma:20200603001531j:plain

え?

こんなに何も無かったでしたか・・・。

 

たしかに 思い起こせば 渋谷のこっち側(東側)は メインではない気がして あまり来なかったかもしれない・・・。

ヒカリエが出来てから カフェに行くにも こっち側に来るようになったような気がします。

 

f:id:miya_ma:20200603001543j:plain

東横線ホームから外をみたところ・・・。

けっこう接近して併設している歩道橋がみえる・・・

歩道橋・・・

あ、ありましたっけ・・・?

 

f:id:miya_ma:20200603001600j:plain

もうこのホームの終わりごろなので 写真を撮る人も多かったですね。

しかし、くどうようだが かまぼこの隙間からみえる歩道橋・・・

きっとたくさん歩いたはずの場所。

 

悲しいですけど、自分の実感として、もう思い出せません。

 

その後の渋谷の思い出が 多すぎるのかもしれません。

 

f:id:miya_ma:20200603001523j:plain

同じような場所にホームがあるといってもこの東横線ホームとは ずいぶん違うようにみえます。

こちらは、屋根があるから、薄暗くて 天井のあたりに不思議な模様があって ちょっとおしゃれな雰囲気があります。

「渋谷から横浜へ。」

東急東横線は 今よりもはっきりとした輪郭を持っていた気がします。

2013年に皆さんに惜しまれ無くなった東横線渋谷駅ターミナルホームは

本当に特別なオーラのある場所だったのですね。

副都心線西武線東武線と繋がって、東横線も便利になりましたが

「渋谷から横浜へ」

という強いイメージのあった東急東横線のルーツは このプラットホームにあったのかもしれませんね。

いま、この社会状況のなか、窓を開けて換気してしまう電車で横浜の風は渋谷に届かない。

だけど東横線の誇りはあの頃のまま。

 「埼京線くん、僕の住んでいた場所に来たんだね。ねえ、渋谷のすべてが感じられる、いい場所でしょう?」

 

渋谷のような都会が、都会ぶりをなかなか発揮できないのが、このごろの社会状況ですが・・・

静かに変わり続ける渋谷をずっと見つめ続けてゆきたいですね。

 

埼京線のホームが便利な場所に来たということは、東横線から埼京線へのホームも近くなったということで、これからますます埼京線湘南新宿ラインを使うような気がします。

 

行きたいな 西へ北へ。

 

鉄道ソングもありますよ♪ CDよろしくお願いします♪ 

LimitedExpress383

LimitedExpress383

  • アーティスト:松岡宮
  • 発売日: 2014/06/06
  • メディア: CD