駅員観察日記(はてな編)

◆ポエトリーアーティスト松岡宮が描く東京の風景たち◆このブログはアクセスカウント以外のアクセス解析をいたしません◆

時計の止まった十条のまち

f:id:miya_ma:20200122222744j:plain

十条に行きました

2年前の国家試験のときの受験地が十条で

とても たーくさんの受験者が降りるのに

駅は小さめで

人でいっぱい

でした

 

意外に小さい駅だな・・・十条。

だけどずっと大地を走っているから

駅が駅らしくてなつかしい

黒い駅員さんはシャープな顔立ちで

昭和のころから座っている

そこに

 

f:id:miya_ma:20200122223253j:plain

埼京線で池袋から2駅

まだまだ23区内なのに

この 寂しさは どうしたことか・・・

 

f:id:miya_ma:20200122223354j:plain

窓のあたりが 傷んでいる・・・

十条だから 10番なのか・・・?

しかも

アルバイト募集中

営業しているみたい・・・

 

そして

大通り沿いにあった おもちゃ屋さんに

驚愕のゲーム・・・

10円・・・

 

f:id:miya_ma:20200122223530j:plain

・・・一本足打法

昭和も昭和・・・

わたしがただの千葉の子供だったころの雰囲気をただよわせていますね。

 

遊べるのかな・・・

10円入れてみればよかった・

 

f:id:miya_ma:20200122223337j:plain

おい、時計が止まってるぞ!

 

病院なのに・・・・それでいいのかっ!?

 

5時半が「じゅうじょう」に関係あるのかな?なんかのシャレかな?と思ったが・・・わからなかった・・・。

 

f:id:miya_ma:20200122222911j:plain

そんな寂しい十条でしたが

再開発が決まっているようですね。

 

こんなに交通アクセスの良い町なので さらに発展してゆくことでしょう。

相鉄線ともつながってしまった十条

うちの兄も住んでいる十条(こっそりカミングアウト)

そんな十条のまちのこれからに

期待大ですね。

 

 

 

「行き先はちょっと海老名が合言葉」・・・なのか?

f:id:miya_ma:20200120004736j:plain

 

「行き先はちょっと海老名が合言葉」・・・

 

そんな合言葉きいたことがありません・・・

 

というわけで

前の記事の続きですが

羽沢横浜国大駅から

海老名まで 行ってみました。

f:id:miya_ma:20200120004909j:plain

何が言いたいんだ・・・

そんな言葉で検索しないから絶対!

そんな言葉で検索しないから絶対!

・・・

何が出てくるんだろう・・・

・・・・

我慢 がまん・・・

 

f:id:miya_ma:20200120005010j:plain

終着駅・海老名に向かうとき

高架道路を超えるとぱーっと広がる小田急の車庫が好きです

小田急という電鉄のパワーを感じます

 

車庫にならぶロマンスカーやスマートな小田急

広大な車両基地

西陽を受けてまぶしく輝くシルバーの車体は

厚木育ちのわたしには なつかしく思えます

 

時を超える小田急

 

こんなにも心を惹かれる小田急・・・・

 

いかん いかん

いま相鉄に乗っているのだった・・・

 

f:id:miya_ma:20200120005302j:plain

厚木や海老名からみえるこの稜線

すぐ大山丹沢とわかる非対称なシルエット

緑濃い神奈川県の・・・

たぬきにいのしし 山のふるさと

やっぱり 懐かしい

 

3年前父が厚木で倒れてすぐ逝ったときにもよく乗った相鉄

父の墓がある厚木大山

いそがしかったねえ

でも今思えば自然の多さに癒されていた

1月末から2月の晴れた日の多さに救われていた

父の遺骨と片づけの実家に寝泊まりしても怖くなかったのを思い出す

父を思い出す相鉄線

 

やっぱりちょっと 呼ばれたのかも

 

f:id:miya_ma:20200120005511j:plain

 

相鉄の海老名駅ホームに埼京線ですよ!

 

こんな列車が 海老名に停まっているなんて・・・

 さ い た ま が き た

驚きですね。

 

 ち か ん お お い の ?

 

・・・それは

    連れてこないで・・・。

 

f:id:miya_ma:20200120011445j:plain

 

終着駅らしく片側にしか改札のない海老名駅

この30メートルの移動は・・・

かけこみ乗車には 大打撃でしょう・・・??

 

わたしも「改札から遠くなったな・・・」などと・・・意外に大きな変化だなあと思いました。

 

f:id:miya_ma:20200120005519j:plain

海老名・・・

って

神奈川県民でないとわからない街かもしれませんが

海老名市はイケイケドンドンなイメージ

海老名を盛り上げましょう

海老名を盛り上げましょう

行き先はちょっと海老名が合言葉!

などと

事実ねつ造!

しかし、たしかにわたしが厚木人だったころは地味だった海老名駅

こんなふうにわりと栄えています・・・。

 

駅ビルの名は・・・・

 

 ビ ナ。

 

・・・だじゃれか・・・。

 

 

 

 

 

f:id:miya_ma:20200120005530j:plain

ヨコハマネイビーブルーの列車。

帰りに乗りました。

写真でみるより重厚で、内装も黒っぽくてたしかに普通列車とは違う威厳を感じました。

駅員たちも以前の明るい色ではなく

ダークネイビーに変わり・・・

そのシルエットはヨコハマのしおりみたいにスリムで

2ボタンにサイドベンツ

シウマイひとつの味わい

ずいぶん

かっこよくなってしまいました・・・。

 

f:id:miya_ma:20200120005539j:plain

 

そうにゃんLINEスタンプ。

 

動くそうですが、

 

下の方、おならしてるの・・・?

 

 

f:id:miya_ma:20200120005557j:plain

そんなわけでとてもすばらしくなった相鉄を実感しました。

 

都心直通の威厳をもって、わが大田区をみごとに通過しながら、日々その存在感を増していますね。

 

日吉とつながる日が待ち遠しいです。

 

 

グレイに浮かれる羽沢横浜国大駅

f:id:miya_ma:20200115232526j:plain

f:id:miya_ma:20200115222223j:plain

新駅誕生、おめでとう。

11月に新たに出来ました駅・羽沢横浜国大駅で ぶらり散歩してきました。

 

JRでもあり

相鉄でもあるのか・・・ 

羽沢横浜国大駅。

 

武蔵小杉から 乗り込んで・・・お隣の駅です。

でも 長いお隣です・・・・。

 

乗ったのが埼京線の緑の車両で・・・

トイレがないのかな・・・とちょっと心配になりました。

あまりに停まらないので・・・

途中で催したら・・・がまんの子ね・・・。

 

f:id:miya_ma:20200115234109j:plain

f:id:miya_ma:20200115234119j:plain

いかにも貨物線の風景・・・。

アンドリュー・ワイエスの描く風景画のような寂しさですがここはアメリカではない、横浜です。

 

横浜は海ではないのです ざっくり山なのです。

 

どこか寂しいような 旅情となつかしさを掻き立てるような・・・

けっして前面には出ないような色合いの風景だけれど

どこの街にもこのような線路の多い風景はあって

がったんがったん・・・静かに音を立てながら

夜な夜な

いろいろな荷物を運んでいるのでしょう

 

この 鶴見のワイエスの風景画

貨物線の乗務員だけが知っており

身体にしみついた、たいせつな鈍い秘密みたいに隠していたのでしょう

この風景のちからを

 

f:id:miya_ma:20200115234129j:plain

すっきりと晴れた日。

 

成人式の、またひとり大人が育ってうまれた喜びにあふれ、空は輝きを増しているようだ。

 

貨物線のむこうの荒漠たる荒野、大通りの高架の向こうにみえる大木の枝が冬の空を彩っている・・・

だから言っただろう、横浜といえば海ではない山だ、小高い丘の寂しい山だ。

そんなさびしい駅でしたが開業したての興奮がひっそりと芽吹いているようにも思いました・・・。

 

f:id:miya_ma:20200115222627j:plain

そう

都心に直通したよーと嬉しそうな相鉄の

その 真ん中となる、相鉄もありJRでもある新駅・羽沢横浜国大駅です。

ハザー。

ハザードランプの照らす、ハザー!

そして

世界に冠たる横浜国立大学

 

その名を冠する駅が とうとう 誕生したのです。

 

f:id:miya_ma:20200115223222j:plain

ブルーの駅名表示板は 相鉄カラー。

駅ナンバリングは、S51。

ここは、まさに相鉄文化圏という感じですね。

 

しかも横浜ではない相鉄のはずれ。

横浜ではないもうひとつの相鉄の起点・・・。

山の中に 誕生。

 

f:id:miya_ma:20200115230202j:plain

地下にある駅のプラットホームは

シックというかダークな感じで

このグレイの色はどこかで見たような重

どこかアニメの背景のような

そう まるでアニメの駅みたいな

羽沢横浜国大駅・・・

f:id:miya_ma:20200116003002j:plain

乗務員もここからはJRの制服を脱いで
相鉄の制服に着替えます。

スタンダードな紺色の上下に

袖口のゴールドがきらめいています。

ツーボタンの浅いデザイン、サイドベンツの軽やかな制服です。

るん。

 

f:id:miya_ma:20200115225444j:plain

写真スポット?でしょうか。

心霊スポットじゃありませんよね・・・。

 

親子連れの5人組がずっと椅子ではしゃいでいました。

 

少し喉が渇いたわたしは

・・・珈琲でも飲みたいなあ、カフェでもないかなぁ・・・

思って駅を見渡したのですが・・・

f:id:miya_ma:20200115225843j:plain

f:id:miya_ma:20200115230013j:plain

‥‥コンビニすらない!

 

広々とした道路に猛スピードで行き交う重そうなトラック

鉄道ファンたちがぽつりぽつり嬉しそうにカメラを構え

なぜか高齢者たちもベンチでまっていたけれど

ここにはカフェもデパートもコンビニすらもない

未来への期待だけが

ありました

 

f:id:miya_ma:20200115231255j:plain

駅の隣に作っているのは

カフェとかデパートではなく

また さらなる鉄道の駅かもしれませんね・・・

もしかして日吉に繋がるほうの路線でしょうか・・・東急民として未来への期待がつのります。

 

未来・・・

時は流れて街は変化をする

鉄道路線が組み替えられてわたしのなかの経路が変わる

未来はつぎつぎに襲い掛かるけれど

次の電車は・・・20分後・・・

ここの時間の流れは少し ゆったり・・・

 

f:id:miya_ma:20200115231031j:plain

何にもないところにぽつりと駅が出来たのが よくわかる写真です。

 

しかし 数年もすれば ここに一大ショッピングモール・そうてつローゼンなど出来てしまうのかもしれませんね。

  

せっかくなので横浜国大まで歩こうと思いました。

 

f:id:miya_ma:20200115234527j:plain

いざ行かん・・・

世界の横浜国大へ・・・。

略称は・・・YNU!!

 

まずは線路をわたります・・・。

 

f:id:miya_ma:20200115234557j:plain

こんなふうに 案内があります・・・。

じつに手作りっぽい案内です。

 

f:id:miya_ma:20200115234651j:plain

 

坂だよ・・・

ああ坂だよ・・・

 

f:id:miya_ma:20200115234643j:plain

セマイヨ・・・

狭いよ・・・

 

そして・・・

 

トオイヨ・・・

 

ああ 世界に冠たるYNU、横浜国大は・・・

もよりの鉄道駅から

・・・ほんとうに細い道

・・・ほんとうに細い道

あっ車だ、よけなくちゃ・・・

そして坂道・・・

上り下りの深い坂を

ヒイハア ヒイハア歩きまして・・・

その先に・・あるのでした・・・

 

新駅ができたばかりのこの街は

明るい日差しの中に喜びを爆発させながら

本当に地味といえば地味な普通の住宅街でした

大きなタワーなど無い町

木々の呼吸が聴こえるような街

そんな中で

横浜国大は唯一のランドマークのように

あるいは街のシンボルのように

町の人に愛され

町の人から大事にされていることが

あちこちの案内から 伝わってきました.

 

 

f:id:miya_ma:20200115234938j:plain

こんなふうに塀から出ているタンポポを見ると

神奈川県だなって 思いますね・・・←偏見。

 

何を隠そう

昨年はじめて 横浜国大関連のお仕事を したのでした!

ちょっとこの地に 呼ばれたのかもしれませんね・・・・。

 

この風景がこれからどんな風に育ってゆくのか・・・

また来ますね!

 

 

 

東横線から荻窪にゆくには・・・

f:id:miya_ma:20200113104737j:plain

 

東横線から荻窪にゆくには・・・

東横線から直通のメトロ副都心線新宿三丁目

丸ノ内線に乗り換えて

丸ノ内線荻窪駅から行くのがラクなので そうすることが多いのですが

東横線がメトロ直通でなく 渋谷どまりだと

JRを使おうかということになります。

 

そんなわけでJR渋谷・・・久しぶりです。

湾曲するカーブの渋谷駅。

警備員の姿、駅員の姿が等間隔に、光を放っています。

世界じゅうからお客さんを迎えて、渋谷は世界の中心です

人間が生きている活動でいっぱいのスクランブル・エッグ・スクエア

湧きたつ欲望を抱えて

英語の時代は終わってもう通じない日本語の世界のなかで

ホームドアーはありませんが

意外に なんだか うまくやっている渋谷駅

f:id:miya_ma:20200113105234j:plain

女性にシール、はったの・・・誰・・・?

 

荻窪は、オープンマイクスパークルに行ったのです。

初対面のメリーアンさんという紳士が誰かに似ている似ていると思って

思い出しました

まんが道のテラさんです。

 

f:id:miya_ma:20200112194822j:plain

テラさんというのも

実際の人物を離れて すっかり神格化・キャラ化されたものがありますね。

自分の中のテラさんも 優しく正しいスポーツお兄さんという感じで

ひとつの像を描いております。

まんが道の面白さでもあるのかもしれません。

 

それにしてもどこのオープンマイク・ライブに行っても女性が少ないです。

ホストは女性であることもあるのですが

参加者は男性が多い、ということが続いております。

猫の世界でもそれが普通なのかな?

スパークルは禁煙でもあり、詩や文章の朗読が多いので、なんとなく清潔でさわやかな男子が多い気もしますが

それにしても女性が少ない・・・

男子Sさんに「異性との出会いが欲しいんです!」と言われたけど・・・

そもそも、女性はどこにいるんだろう?

最近そんなことをよく考えます

自分も40代後半となると世代の近い女性の表現者も減ったなと思う・・・

自分が経験した、女性の多い場所といえば・・・

このあいだ高校(女子のみ)の同窓会をうちの事務所でやってくれてそのときは女性だけでした。同窓会に来る方は既婚者、子育て中が多いな・・・。

あとは障がい者家族会も女性が多いですね。

つまり女性は家庭の支えのお仕事をしておりその流れの中で動いている場合が多いのかな・・・

独身の女性はどこにいるんだろう・・・

同窓で独身の方で交流のある方は、よく働いて、いろいろ高級で華やかな世界をよく知っていそうで・・・

独身の方は化粧も服装もきちんとしていて綺麗だという印象があって・・・

うーん 

でも自分の周囲は独身女性が少ない気がするので一般化はできない・・・。

オープンマイクに行くと男性の表現者が多いというのもあるけれど

男性の朗読者の何名かは、肩の力を抜いてあまり他者からの評価を気にせず表現されている感じもして、いいなあと思う・・・

「仕事帰りにさくっときました、何しようかな~」とか、気軽でいいなあ・・・。

男性は孤高ではなく仲間づきあいを重視しているのもいいなあと思う

少ない女性はエッジのきいた本気度の高い人が多いと感じる・・・

40代や50代になって、気軽にさくっと詩を朗読しにきましたーとかいう女性は少ないのかもしれない・・・

女性だというだけでいろんなアプローチもあってしんどいこともあるし

家庭があれば表現活動どころじゃなくて家のこととか介護とかで忙しいのかもしれません・・・・

自分はどのへんにいるんだろう・・・?

でもこんな年齢になっても相変わらずやっていること

女性表現者として死なずに生きていること、

たぶんもろもろ恵まれているおかげだなと思うのですが

案外、自分ってエライんじゃないかと思いました(笑)

 

f:id:miya_ma:20200113105636j:plain

荻窪からの帰りは丸ノ内線です。

やっぱり、らくちんで、いいですね。

 

JR荻窪の改札は

ウチは丸ノ内線じゃありません!!

ウチは丸ノ内線じゃありません!!

かなりしつこくアピールしておりました・・・・。

 

・・・印刷し過ぎたの・・・?

 

f:id:miya_ma:20200113112322j:plain

f:id:miya_ma:20200113112328j:plain

f:id:miya_ma:20200113112338j:plain

・・・JR、あなたも素敵ですわよ。

 

駅は生きている

f:id:miya_ma:20200111133840j:plain

これは・・・小田急登戸駅のエレベーターですが、

いつの間にやらドラえもんワールドに・・・。

川のそばの登戸駅

意外に乗降者が多いからか

たくさん並べられた駅員が

多摩川からの風にあおられ右に左にくるくる回って

風見鶏みたいに華やかな登戸駅

サンリオの世界の多摩センターから

藤子Fの登戸へ

異なった世界観どうしに橋をかけるのは小田急

小田急を離れたいま

あの大きめの車内と

ブルーのさっぱりした雰囲気が

懐かしい

ピンクでもないしサンリオでもない

あの頃の小田急

恋しい

f:id:miya_ma:20200111134312j:plain

この写真は・・・東急多摩川線のあたりですが

駅も鉄道も生き物で

どんどん変化するんだな~って思います。

新駅はどんどん出来るし

あたらしいルートもどんどん出来る・・・

ああ 相鉄もまだ乗ってないし・・・

山手線の新駅もそろそろだ・・・

 

駅は生きている

町も生きており変化を続ける

 

地味な北区だって・・・

こんな かわいいコミュニティバス

アピールをしているのですから・・・

 

f:id:miya_ma:20200111134408j:plain

 

最近 思うのは

ひとつひとつの動作を丁寧に生きてゆきたいということ・・・。

自転車とめるとき鍵をかけるとかですね~。

ガサツな自分ですが、がんばります。

 

ヒカリエとなりに銀座線(渋谷)

f:id:miya_ma:20200108001424j:plain

 

東横線の改札の案内が変わった・・・

 

いままで 銀座線は JR線や井の頭線と同じ方向にゆけと案内されていた気がするし

実際、JR改札の真ん前にあったのが

銀座線ではなかったか・・・

それが、右にゆけ、だなんて・・・

ヒカリエのなかを通れといわんばかりの

動線の動き方・・・

何があるのか?

 

f:id:miya_ma:20200108001620j:plain

 

ヒカリエを出たら こんな案内を持った方が立っていました

ベクトルを飲み込んで左へゆけ!

人間であるより前に矢印であるのだ、銀座線の、ほうへ、導く堕天使なのだ・・・

そんな堕天使の矢印をみて、

この先のどこに 銀座線への動線があるというのだろう・・・

 

 

思ったら・・・

 

f:id:miya_ma:20200108002437j:plain

 

・・・すぐ隣だった!

いやーびっくり・・・ヒカリエのすぐ隣の地上に、銀座線改札口ができたなんて・・・。

f:id:miya_ma:20200108002649j:plain

飾りもなく

広告もなく

ほんとうにシンプルに 漢字を大事に表現していることにも感銘を受けました。

渋谷の真ん中(いやちょっと東よりか)に、どどどん!と銀座線の文字。

東京メトロとも書いていないのか・・・

まあ渋谷の時点で 地下にいないし・・・

そして通り過ぎて 振り向けば チューブの中を走る黄色い電車・・・

みて、みて、ぼくをみて!日本で最初の地下鉄なのさ、華やかなイェローで新年を飾るのさ、そして空まで飛べるのさ・・・。

 

f:id:miya_ma:20200108002939j:plain

f:id:miya_ma:20200108003211j:plain

振り向けば銀座線のチューブの向こうにスクランブルスクエア

建物いっぱい、どどんがどん!

令和2年のお正月は

ドドンガドン!と大きなものに埋め尽くされた

外国の方でいっぱいの渋谷

それでいて日本語が大事にされるようになっている渋谷

英語がおしゃれなわけではなかった

もう自分の育った昭和末期の渋谷ではない

弱いものを救う機運は消え失せて強くたくましく元気じゃないと生き延びられない

変わりゆく渋谷

 

それにしてもスクランブルスクエアのディスプレイの形は

木綿のパンティーみたいね・・・

模様がころころと変わる 健康的な木綿のパンティー

 

東急は・・・

紐パンティーみたいですよね・・・

むちむち。

f:id:miya_ma:20200108004012j:plain

 

恒例の原宿クロコダイル「ウクレレエイド」でした。

着物+帯は二重太鼓で、ちょっとがんばりました・・・いま着ないと着る機会もなさそうですから・・・

作品は「矢口渡」「危ない相模大野」「テクノお祭りマンボ」やりました。

2曲目だけ意味不明(笑)

でもやっぱり1番ウケますね。

自分でもニヤっとしているところ(↓)

f:id:miya_ma:20200108004611j:plain

みなさんのパフォーマンスもよかった。

特に高校サッカーのテーマソングをウクレレで静かに弾くとか

紅白とは関係なく偶然竹内まりやカヴァーをした方など

自分の耳になじみのある曲が多くて楽しかったです。

 

いつまで出させてもらえるかわかりませんが、

クロコダイルの15分のステージ

コラボなどしたい方はお申し出くださいね。

f:id:miya_ma:20200108004846j:plain

1月19日、蒲田の事務所の15分の発表会も

発表枠、若干あります。

ただのお客さんも大歓迎、500円で粗末なもの(たぶん鍋)を食べましょう。

飲食持ち込み歓迎です。

 

 

小柄な車掌の出発進行

f:id:miya_ma:20200105005242j:plain

身長の伸びがはやく止まってしまった車掌の指がホームの中空をとらえる

 

小柄な車掌の出発進行

次の駅まで少し長い

途中の踏切ではよく事故が起きている

過去の事故と未来の事故のそのまんなかに今があり

知らん

知らん

わたくしはなにも存じ上げておりません

エスパーぶりを否定しながら

小柄な車掌が列車を走らせる

天気予報では曇りのち雨のち晴れの

霧の未来へと

 

f:id:miya_ma:20200105010420j:plain

 

正月休みも 仕事が多くて そんなに余裕がなかったのですが

なぜか あさま山荘事件の動画を観ることにはまり

YoutubeでTV番組の再現動画や

佐々淳行さんの「突入せよ」

若松監督の「実録~」

立松和平さんの「光の雨

みてました。

 

f:id:miya_ma:20200105012436j:plain

光の雨裕木奈江ちゃん出てた。

若い頃、この方に顔が似てる似てると言われ続けました・・・おこがましいな・・・。

顔そのものより奈江系というひとつの分類があるのだと思いますが自分の顔も荒んできたのでもう似てない・・・。

 

れいわの党首が残酷な役どころで演技うまかったですね・・・さすが俳優さん。

 

山本直樹「レッド」も読む予定。

わたしが生まれた頃の話で いろいろな事実を知り・・・

連合赤軍がまさに連合だったね・・・とか

共感はしないけれど

なんとなく 何があったのか 少しだけわかって来た気がします。

 

あんなに恐ろしいことがあったのに、わたしの世代、なぜオウム事件が起こってしまったのだろう・・・。

 

オウムからまた25年くらいたったので・・・

こういうことは繰り返されるのでしょうか。

 

にーげーてー。

うさぎさんは逃げて。

雪の中を 転がり落ちてでも・・・にーげーてー。

 

 

f:id:miya_ma:20200105011007j:plain

美しい、三角屋根がフランスっぽい東急蒲田駅

小柄な車掌に良く似合う・・・気がする。

出会った頃は4両編成だった気がするけど今は三両編成で

ごっとんごっとん

やけに混雑しております・・・。

大田区の小さな世界を ごっとんごっとん

めぐっています・・・・。

今年も事故がありませぬよう。

 

 

★出没予定です~。お気軽に見学どうぞ。

 

1月6日(月)夜間 原宿クロコダイル「ウクレレエイド」ちょこっとパフォーマンス

500円+飲食代

 

1月19日(日)事務所で「小さな発表会」15分以内の静かなパフォーマンスをやりあう、粗末なおとな食堂みたいなもの。500円で粗末な飲食ができます。

 

2月23日(日)夜間 スパークルフェス@荻窪ドクターズバー

15分くらいやります。

 

3月7日(土)新宿御苑RUTO

niroさんと松岡宮の誕生日!なので2人でライブします。

ゲストは、このみいるちゃん。女3人キャンディーズ

松岡宮のカバー朗読などのオープンマイクあります。申し込んでね。

1500円+ドリンク。食べ物は持ち込みOK。

 

f:id:miya_ma:20191229104641j:plain